仲介手数料

中古マンションの売却を不動産業者に頼んで、中古マンション販売活動を行なってもらい、無事成約して中古マンションが売れた、という仲介業務の報酬として支払われるものが仲介手数料です。仲介手数料についてはご存知の方も多く、「売買価格の3%でしょ」とよくいわれます。

しかし、これには間違いが2つあります。

まず1つ目の間違いが「売買価格の3%」というところです。これは正確にいうと「売買価格の3.15%+6万3000円」です。確かに以前は「売買価格の3%+6万円(税別)」となっていました。しかし消費税法が改正され、消費税の内税表示(総額表示)が義務づけられました。よって今まで「(税別)」と表示すればよかったものが「売買価格の3.15%(3%+消費税)+6万3000円(6万円+消費税)」と表示しなければいけなくなったのです。また、よくいわれるこの半端な「+6万3000円」について説明します。仲介手数料は、次のように法律で細かく決められています。

400万円以下の部分で税率が変わるのです。しかしこれでは計算が難しくなります。このため、400万円を超える不動産売買の仲介手数料は「3.15%+6万3000円」という簡易計算式によるのです。このため、中古マンションを売買する不動産の価格が400万円以下の場合にはこの簡易計算は利用できません。

  • 200万円以下の部分は売買金額の5%(5%+消費税)
  • 200万円超400万円以下の部分は売買金額の4・2%(4%+消費税)
  • 400万円を超える部分は売買金額の3.15%(3%+消費税) 例えば2000万円でマンションを売った場合
  • 200万円以下>>>200万円×5.25%=10万5000円.
  • 200万円超400万円以下…200万円×4.2%=8万4000円
  • 400万円超>>>1600万円×3.15%=50万4000円

この合計が、仲介手数料となります。

そして2つ目の間違い。この「売買価格の3.15%+6万3000円」というのは仲介手数料の額ではありません。正しくは「不動産会社が受けとれる仲介手数料の上限額」のことです。よって「仲介手数料2%(税込)」とか「仲介手数料1.5%」のように、手数料を下げることは不動産業者の自由であり、実際、手数料を割引する不動産業者もいます。不動産屋も仲介手数料は満額いただきたいものです。なぜなら、不動産業者が報酬をいただけるのはすべての取引を終えた後、途中で広告費がかかったとしても、売れない限りは1円ももらえません。

中古マンションを売った場合、諸費用の中で一番大きなものはこの仲介手数料です。「3.15%って高い」と思われるかもしれません。「仲介手数料が上限規定である」ということを知って、割引を要求してくる方もいます。しかし、2000万円の売買で、3.15%を2.1%にしてもらったところで、仲介手数料の差は数万円です。それであれば満額支払って、不動産業者に気持ちよく動いてもらい、少しでも高く売ってもらうほうがずっと売主さんにとってメリットがあります。不動産価格の「少し」は、軽く●万円とか100万円の差になるからです。不動産屋も人間です。やはりサービスの対価をしっかりといただける仕事に力が入るのは当然です。仲介手数料の規定は上限規定とはいえ、割引を求めることが結果として売主のメリットになるとはいえないということも知っていただきたいと思います。